スポンサーサイト

Posted by GadgetAngler on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク、チャリバサーはこれを持っていけシリーズ 撃物編(バスタード692H)

Posted by GadgetAngler on   0  0

pic824 (1)


本日は「撃ち物用2ピース」としてジャクソンの 「バスタード692H」のご紹介です。

このロッド、なかなか変態なスペックしてます(笑)



まずは、外観~

pic824 (2)

こちらのロッドはジャクソンの市村プロのモデルである「デュナミスTHP」の廉価モデルとされてますが、このロッド程価格以上の仕事をするロッドは無いですね~

ひそかに自分のバスロッドは全てバスタードにしようと計画中なくらい(@_@)


ブレイゾン同様にECSグリップに1万円代で高弾性Exファーストなテーパーのカーボンブランクスを搭載し自分の求める要件を全て満たしてます(笑)


また、ココが変態ポイントなのが....

pic824 (4)

バスタード(上)とブレイゾン(下)とバットガイドの比較写真ですが、バスタードは「全機種マイクロガイドセッティング」とのことです

凄いですよ、自分のモデルで20lbMaxと表記されててもベイトフィネスロッドと変わらないガイドセッティングです(笑)

自分は知らんと買ってしまいこれでフロッグをしようと考えてたのですがあえなく断念(+o+)


ただ、6.9フィートの長さと硬さを利用して三つ又キャロなんかも出来そうなので巻物以外の釣りは汎用性が高いロッドなイメージです。


自分は琵琶湖での使用が多いので692Hを買ったのですが、1/4ジグやライトテキサスを多用される方はワンサイズパワーダウンさせた「672MH」や「712MH」の方がよさそうです。

使った感想は、壁に当てた時は全然ロッドが曲がらなくて掛けた後の不安がよぎりましたが、ジグを操作するとウィードに引っ掛けても粘るように曲がるんでロッドが持ち主に合わせる仕様にしてくれてるのがGoodでした。
(ただ、もう少しグリップを長くしてほしいかなぁ)


今度は、こちらのベイトフィネスモデルとグラスコンポジットモデルが欲しい(^u^)








スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bikeangler1205.blog.fc2.com/tb.php/51-ec0fe5c9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。