スポンサーサイト

Posted by GadgetAngler on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LTをLTXに!

Posted by GadgetAngler on   0  0

早速ですが、風邪を引いたようです(´・ω・`)
皆さんお気を付けください....


はい、近況報告は以上なんで今日は道具紹介と改造を行いたいと思います

今回の商品はこちら~

DSC_0661.jpg
(ごめんなさい、写真が影ってしまいました...)

最近、バス釣り業界で話題の「ベイトフィネス」ができるリールでabuのrevoLTです。

これは僕が使ってきたリールの中で1年以上一軍の座を君臨してる優秀なやつです(笑)

一応、スペックは以下な感じ
 
 軽量自重174g
 C6カーボンコンポジットサイドプレート
 ハイスピードギア
 軽量ルアー対応スプール
 直径33m超々ジュラルミンスプール
 マグトラックスマグネットブレーキ
 8lb-100m スプール
 6HPCRボールベアリング
 軽量EVAフラットハンドルノブ
 インフィニスプール・カーボンマトリックスドラグ
 高耐久ブラスギア
 海水対応
 (ピュアフィッシングジャパンHP参照)

これだけの内容度でこれのハイエンドモデルに当たる「revoLTX」より安くて何より海水使用ができるのはうれしいですね~(LTXはマグネシウムボディーで海水使用後ほっとくと溶けます(笑))

このリールはバス、トラウト、ソルトと使用幅が広くスペックも満足していたのですが最近困ったことが...

「このままLTだけ使用するとトラウト用に購入したカルカッタ51が戦力外に~

中古なのに新品のLTよりも高かったし何より無理してアベイルのスプールとベアリングの交換も行ったので戦力外にするにはもったいない....

もともとベイトフィネスは好きでいくつかタックルは揃えましたが、プラグを巻くに至ればローギア推奨派なのでそんな中で出会ったカルカッタの為にもLTを改造することに



前置きが長くなりましたが、改造の内容は、
 
「LTXのギアをLTに移植する

LTは7.1:1のハイギアでプラグやワームをそつなくこなせるギア比でしたがこれにLTXの7.9:1のスーパーハイギアに入れ替えることでワームやスモラバ専用機に

移植に必要なものは下の5品
1.本体(必須ですね...)
2.ギア(僕のは左ハンドルなのでLTXの左ハンドル用からメインギアとピニオンを一個ずつ)
  番号1257008(MAIN GEAR)と1257006(PINION)をパーツリストより選択
3.工具(精密ドライバー、レンチ)
4.グリス(DAIWAのやつを使用)
5.改造することと壊れることを恐れないやる気(結構大事です)



ギアは近所の釣具屋さんで2250円でお取り寄せしてもらい早速改造に入りましたが、商品を手に取ると...

「かっ、軽いぞ

後々調べると、LTXはジュラルミンギアで軽いとのこと(笑)

ばらしたときに重さをうちにある低スペックなケーキ測りで測定すると...

DSC_0663.jpg
こちらがLTのギア。ブラス(真鍮)なんで結構重い


DSC_0662.jpg
こっちはLTXのジュラルミンギア。10gを切る軽さにびっくり


改造後も全体の重さを図ると、

DSC_0664.jpg

HPの記載重量に比べて9g程軽くなりました(笑)

巻き心地も悪くないのでイイ感じです

因みに、revoシリーズはどうもギア周りが互換性を持ってるらしいのでローギア~ハイギアに好きなように選択できるみたいです(笑)


では、30日に釣り納めに北田原に行くのでそれに間に合うようにロッド作るのでこの辺で~


今日の一曲



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bikeangler1205.blog.fc2.com/tb.php/7-8e4000af
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。