スポンサーサイト

Posted by GadgetAngler on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルビアス 1003を3カ月ほど使用して解ったこと(使用感レビュー)

Posted by GadgetAngler on   0  0

sIMG_0489.jpg


そろそろ花粉症がピークを迎えるころで外に出るのが億劫な時期ですがアレグラのお陰で何とかやってます(笑)

さて、今回は去年末に購入したルビアスですが、3か月ほど経ちいろいろ解った事を書いていこうと思います。



※前回の記事はこちらから

まずは良かったことから~


1.ドラグ性能

こちらは文句の付けようがないですね(^_^;)
僕はミノーイング主体なので結構リールやドラグに負荷がかかる釣りをしてますが、滑り出すメリハリがきっちりされてるのでサカナとのやり取りでもノブを回す操作は余りしなくても余裕です。
ただ、ワッシャーやグリスの経年劣化も考えると最初だけかもしれないですが「それなりに高いリール(笑)」だけのことはあります。

こちらはUTDモデルですが、これだと今年出たATDは超興味があります(@_@)


2.ロッドとのバランスが素晴らしい

これは1000番サイズを買って思った事で、基本剛性重視の僕ながらトラウトロッドの大半が軽すぎるので今回は試し加減にルビアスをチョイスしたのですがこれが当たりでした。
ロッドはオリムのベレッツァEXを付けてますが、手返しの良さは自分の使うベイトタックルよりも軽快で手首の負担も少ないです。


続いて悪かったところ~

1.巻き取りがアホみたいに少ない

こちらは1000番であるが故にしょーがない部分ですが、もし購入を検討されてるなら間違いなく2004番かそのハイギアモデルがおススメです。
何が嫌かと言うと、ジャークやスローリトリーブをしまくると「ぴょん吉」が物凄く出来るのでラインへの負荷も凄いです(@_@)
正直なところ、レスポンスはイージス1003RHに負けてます(笑)

公式HPではルビアスの1003で巻き取り59cm、2004で63cm、2004Hで75cmなのでこうなればハイギアを買う方がストレスは無いですかね(^_^;)


2.ラインが激細じゃないと使えない(笑)


これは、上の話も少し影響するのですが、ローターの回転数が少ないのとスプール径が小さいのが相乗効果を生んで3lbのフロロカーボンラインが直ぐダメになります。
ハッキリ言うと、こいつは完全に「PEライン専用機種」ですね!!

僕はパワー重視で0.4号のPEを70m巻いてますがこれで何とか使えるレベルです。
使うなら、0.3号が一番レスポンスがいいです。




総括

僕の中で総合得点としては、80点てところです。
後の20点は現在フルノーマル仕様なのでカスタムパーツで化けると期待しています(笑)

後、ルビアスの1000番はアジング見たいに常にリトリーブをし続ける釣りには効果を発揮します!!
トラウトのデジ巻といった小細工は超苦手なリールなのでそれをメインにしたい方は絶対にハイギアのリールを買って下さい!!









スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bikeangler1205.blog.fc2.com/tb.php/86-edee7807
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。