スポンサーサイト

Posted by GadgetAngler on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチDCブレーキの自分から見たエクスセンスDC

Posted by GadgetAngler on   0  0

sIMG_0907.jpg

今年はバス釣りに一切行くことなくソルトゲームに拘って釣りに行ってますが、最近意識してるターゲットは「シーバス」
シーバスに関しては本気で狙ったことのないターゲットで恥ずかしながら今までに釣り上げたのはアジングの際の20cmほどのやつ


一応シーバス用にスピニングタックルは持ってるのですが、やはり使い慣れてるのは(使いたいのは)ベイトタックルなので使える代物を探していたのですがやはりコイツに収束しました(笑)


しかし、リールとしての出来は満足なのですが所々に自分がネックと感じることもチラホラ見受けるのでそれも踏まえてインプレしていきます(´_ゝ`)

sIMG_0908.jpg

1.ブレーキ設定


これに関しては題名の通りで声を大にして言いたいところですねー
ショアゲームでは遠投命な所も多く、広範囲を責めるのにはスピニングとまでは言わないがその8割くらい飛距離は欲しいのですがそれを叶えるのに使うセッティングはPEモードのminから2番目までしか要らないということ...
もちろんのことベイトでのPEライン使用はかなりシビアなのでシマノさんの配慮が伺えるのですが、これではブレーキが強すぎなので後継機種が出るならもうちょい緩いセッティングでお願いします(^^♪
ただ、向かい風でのキャストの立ち上がりは絶品なので悪天候時の使用はGood



sIMG_0909.jpg

2.基本構造

最近のシマノベイトリールに搭載された「エスケープハッチ」
僕はこれがどうも好きになれない.....
回転系を支えるパーツを留める機構としてはダイワやアブみたいにネジ止め式にしてほしいところ。
でも、この機構にもパターンがあるみたいで初めて触ったスコーピオンの方式はだめですが、今回のエクセンスの方式は不意に外れるみたいなユル感がないのでまだ許せるかな(笑)

あと、購入前のリサーチでよく見たのが「エキサイティングドラグサウンドがショボい」と言った書き込み
これですが、サカナとのファイトでいちいちそんな事まで考えてないですし、ないよりある方に感謝なくらいなのでここはとても高評価です(^^♪
何なら、キャスト時のピィーて言うDC音のほうがショボいです



sIMG_0947.jpg

3.使用ルアーの範囲やベイトタックルでやる意義とは?について

使用ルアーですが、DCだからなんでもバックラッシュに恐れることなく投げれると言ったわけではなくロッドやラインセッティングにもよりますが大体10gを下回るルアーは苦手みたい....
やはりここはバスタックル同様でバイブレーション等の巻いて誘うルアーが飛距離、巻き感ともに最高です。
また、ミノーのストップアンドゴーみたいにライスラックを伴う釣りはトラブルが少なくなるのでおススメ(^^)

使用感はショアからだとボートからみたいに穴撃ちしたりはそうないのでスピニングで事足りると言われたら出る幕が無いように思うのですが、冬場でのスローリトリーブや橋脚回りへのアプローチが多いリバーシーバスゲームが主体のアングラーにはベイトのありがたみがわかるかと思います。

使用ラインですが、シマノのHPでは1号とありますが、さすがに高切れしたりする恐れもあるので1.2号~1.5号がベストです。
これ以上は太くて逆に飛距離が望めないのでやめるのが得策です。



まだまだ、こいつの潜在能力を100%引き出せてないですが新規でわかることがあれば更新していきます。
最後にこれでシーバスの写真があるとよろしいのですが釣ったのがこれ(´_ゝ`)

sIMG_0939.jpg

sIMG_0938.jpg


見事な年なしさんですがやはり次はシーバスつりたいですな~







スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bikeangler1205.blog.fc2.com/tb.php/95-512f9462
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。